2017年1月13日金曜日

「つみたて貯金」が使えます!~自動貯金サービスのご紹介【NetbkNews 総合】

「つみたて貯金」が使えます!~自動貯金サービスのご紹介
ログイン |  残高照会
CP
「つみたて貯金」が使えます!~自動貯金サービスのご紹介

株式会社ネストエッグの自動貯金サービス「finbee(フィンビー)」のご紹介です。

finbeeと当社の口座を連携すると、さまざまなルールで円預金の自動貯金ができます。
頻度と金額を設定して貯金する「つみたて貯金」をはじめ、Visaデビットカード決済の端数の金額を貯金する「おつり貯金」、1日に歩いた歩数に応じて貯金する「歩数貯金」など、楽しく貯金できる機能が盛りだくさん。ぜひご利用ください。

2016年12月29日木曜日

家計簿はじめて300円相当のポイントがもらえる!【NetbkNews 総合】

家計簿はじめて300円相当のポイントがもらえる!
ログイン |  残高照会
CP
<1周年記念>もれなく300円相当のポイントをプレゼント!

「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」は、銀行やクレジットカードの明細から家計簿を自動作成する便利なサービス。現在、期間中に新規登録&当社を含めた3社以上の金融サービスを登録するだけで300円相当のポイントプレゼント中!この機会に資産管理を始めてみませんか?

2016年12月15日木曜日

<驚きの年0.20%>今年の円定期特別金利をお見逃しなく【NetbkNews 総合】

<驚きの年0.20%>今年の円定期特別金利をお見逃しなく
ログイン |  残高照会
円定期特別金利
<驚きの年0.20%>今年の円定期特別金利をお見逃しなく!

今年も円定期預金特別金利キャンペーンを実施中!この低金利時代になんと、年0.20%(税引後0.1593% 6ヵ月もの・1年もの)もの好金利を実現しました。ボーナスなどの資金のお預入れ先をご検討中のかたは、ぜひこの機会をお見逃しなく。

2016年10月31日月曜日

<FPコラム> 100万円あったら、どう運用する?

All About 提供:FPコラム)

お金の置き場所が重要

運用に回せるお金が100万円にあったとしたら、どのように分ければいいか、パッとイメージできますか?「さっぱり見当がつかない」という人もいることでしょう。運用するお金の分け方を考える前に、まず「お金の置き場所」を確認しましょう。お金をどのような口座に置くかによって、使い勝手や税金が異なってきます。

<FPコラム> 家計の経済耐性はこうしてつくる!

All About 提供:FPコラム)

家計受難の時代がやってくる!?

高齢化社会、増え続ける社会保障費、流動的になりつつある雇用の状況……これらを目の当たりにすれば、若くてしてお金に対する不安感やモヤモヤ感を抱いても無理はありません。

高齢化社会、消費税増税は再延期されましたが、いつかは上がり、給与から天引きされる健康保険料や厚生年金保険料も、2017年秋以降もう一段階上がる予定です。税金や社会保険料が増え、収入が変わらないとすると手取り収入が減ってしまいます。政府から企業に対して給与を上げるような働きかけがなされていますが、給与所得者全員が収入増の恩恵を受けられるかどうかはわかりません。このような状況に加えて、もしインフレが起きれば、円預金の実質価値は目減りします。

そう、単なる不安で終わらせず、お金についてしっかり考えて予防策を講じておかないと大変なことになる時代は、実は目の前に来ているのです。

<FPコラム> 知っておきたい「定期預金だけ」の落とし穴

All About 提供:FPコラム)

定期預金の仕組み、きちんと知っている?

お金を貯めたいときの、もっとも身近な金融商品といえば銀行の定期預金ですね。知っているようで、意外と知らないその仕組みをまず把握しておきましょう。

普通預金は、いつでも預入でき、いつでも引き出すことができますが、定期預金は1か月、3か月、6か月、1年、3年、5年など期間を決めて預けます。金利は通常普通預金より高く設定されており、金利をどの程度にするかは各銀行が決めます。これを固定金利といい、預入時の金利が満期まで適用されます。

<FPコラム> 貯蓄口座には、利便性が高く、品ぞろえ豊富な銀行を!

All About 提供:FPコラム)

貯蓄口座に求められる3つの条件とは?

貯蓄口座には、どのような銀行が向いているのでしょうか?  

1つめの外せない条件は、いつでも気軽に残高を確認できて、取引がしやすいこと。日々食べたものと体重を記録するだけで自然と痩せていくと評判の高いレコーディングダイエットですが、貯蓄においても記録をして増えていく(ここは体重と逆ですが)結果が見えると励みになります。残高チェックが無駄使いの防止や、新たなお金の預入や投資のインセンティブになります。スマートフォンを使用すれば、外出先の隙間時間を有効活用でき、日々の残高確認が行えますね。