2017年4月7日金曜日

「ゼロから始めるロボアドバイザー入門!」 第1回 シミュレーション編

「ゼロから始めるロボアドバイザー入門!」 第1回 シミュレーション編

228日より、ロボアドバイザーサービス「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」の提供を開始しました。ロボアドバイザーとは「投資一任サービス」とも言われる、お客さまが預け入れた資産の管理・運用を「全て自動で」行うサービスです。  
従来、投資一任サービスは大手都市銀行や大手証券で富裕層向けのサービスとして展開され、最低数百万円から数千万円預けないと利用できないものでした。近年発達したテクノロジーやインターネットを活用するロボアドバイザーの登場で、誰でも、手間なく、小さい金額から投資一任サービスを利用できるようになったのです。




資産運用の手間を「0」に

本来、本格的な資産運用には高度な知識と膨大な時間が必要。「全部お任せなんて、そんな楽な話があるはずがない」とお思いのかたも多いかと思います。「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」は一度入金してしまえばあとはお任せでOK!お客さまから預かった大切な資産を、世界水準の金融アルゴリズムに基づく高度な資産運用を全自動で行います。また、複数の国のさまざまな金融資産に分散して投資する「国際分散投資」を行っていますので、急な株式相場の暴落などの際にも大きな値動きがしにくいとされています。



お試しシミュレーションをしてみましょう

どのくらいの確率でプラスになるのか、マイナスになるのか・・・
現在の年代など簡単な質問を6個回答するだけのシミュレーションを試してみましょう。
※本シミュレーションは「WealthNavi for 住信SBIネット銀行 の資産運用アルゴリズム」に基づき、ウェルスナビ株式会社が試算するものです。シミュレーション結果が保証されているものではなく、運用による損益はすべてお客さまに帰属します。



まず年代を選択します。ここでは30代を選択してみます。




次に年収を「500万円~1,000万円未満」としました。




金融資産の総額を入力します。「500万円未満」を選んでみます。




毎月の投資金額を選択します。ここでは「3万円」と入力してみました。
ここでは生活費を除いた、実際に運用できる金額を入力するとよいでしょう。




次に資産運用の目的を選択します。ここでは「余裕資金」を選択してみます。




最後に、株価が1ヵ月で20%下落した場合のふるまいについて聞かれます。
ここでは投資資産を一部売却することにします。




シミュレーション結果が出てきました。




100万円から始めて、月々3万円積立てた場合の元本金額合計は1,180万円ですが、ロボアドバイザーを利用すれば、7割の確率で1,685万円になるとのこと。
仮に円定期預金の金利が年率0.02%(税別)の場合、1,000万円を一年間預けて得られる利息は2,000(税別)ですから、これからの資産運用の選択肢の一つとしてロボアドバイザーは有力な候補といえるかもしれません。


シミュレーションはウェルスナビの口座をお持ちでなくてもできるので、是非一度試してみてくださいね。



【ご注意点】
  • 当社は、ウェルスナビ株式会社の取引口座(ETFの自動運用口座)開設申込みの紹介、勧誘及び取次ぎ、お客さまとウェルスナビ株式会社との間で締結する投資一任契約の媒介を行い、資産の管理・運用はウェルスナビ株式会社が行います。
  • 海外ETFへ投資を行いますので、金融商品取引市場の相場の変動、為替相場の変動等により預り資産の時価評価額は大きく変動する可能性があります。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割り込むことがあります。
  • その他のご留意点は、住信SBIネット銀行のホームページをご覧ください。

【商号等】
住信SBIネット銀行 株式会社
登録金融機関 関東財務局長(登金)第636
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

ウェルスナビ株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2884
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会