2016年10月31日月曜日

<FPコラム> 貯蓄口座には、利便性が高く、品ぞろえ豊富な銀行を!

All About 提供:FPコラム)

貯蓄口座に求められる3つの条件とは?

貯蓄口座には、どのような銀行が向いているのでしょうか?  

1つめの外せない条件は、いつでも気軽に残高を確認できて、取引がしやすいこと。日々食べたものと体重を記録するだけで自然と痩せていくと評判の高いレコーディングダイエットですが、貯蓄においても記録をして増えていく(ここは体重と逆ですが)結果が見えると励みになります。残高チェックが無駄使いの防止や、新たなお金の預入や投資のインセンティブになります。スマートフォンを使用すれば、外出先の隙間時間を有効活用でき、日々の残高確認が行えますね。



2つめの外せない条件は、生活口座からお金を移しやすいこと。給与が振り込まれる生活口座から貯蓄用のお金を毎月移動させることになるため、手間がかかっては不便です。そして、手数料が発生するようでは本末転倒、資産全体の利回りが下がってしまいます。

最後3つめの外せない条件は預金金利が高いこと、資産運用のための商品やサービスの品揃えが豊富であることも大切です。


ネット銀行のサービスが進化している!

ネット銀行は実店舗を持たず、取引は原則顧客自身がネットで行うことで、店舗の運営費や人件費を節約し、その分を金利に還元、預金金利が高い銀行として登場しました。その後、無料で利用できるATMの数が増えたり、申し込みから借入までネットで完結し、なおかつ金利が低い住宅ローンが登場したり、為替手数料が安い外貨預金が提供されるたりするなど、利用できる金融商品やサービスの幅を広げています。ネット銀行によっては証券会社と連携し、株式や投資信託の購入も便利になっています。

そして、ネット銀行をさらに使いやすくしたのが、毎月一定額を他行から入金できる定額自動入金サービス。他行であっても自分名義の口座であれば手数料無料で入金できます。


ネット銀行は貯蓄口座の最有力候補

上記で紹介したネット銀行の特徴は貯蓄口座としての条件を満たし、貯蓄口座の有力候補といえるでしょう。

具体的な活用の流れは、生活口座に給与が振り込まれたら、定額自動入金サービスを利用してネット銀行に毎月一定額を入金します。このお金を金利の高いネット定期に預ける、投資信託の積立に回すなどしましょう。そして、月に1回など回数を決めて定期的に残高照会を行い、貯蓄の達成度を確認。このペースでいいか、預け先の変更は必要ないかなどを検討します。

ほとんどのネット銀行では、残高照会の結果をExcelデータでダウンロードでき、自身のパソコンに保存しておけば、家計簿代わりになります。ネット上でも、一定期限までさかのぼって取引を確認することができます。

たとえば、住信SBIネット銀行であれば定額自動入金サービスは1万円以上1000円単位で金額を指定して、毎月他行から手数料無料で移すことができます。この際、「積立用」など契約名を付けることができるためわかりやすく、最大5件まで利用できます。

このようにして口座にお金を入れた後、まず活用したいのがネット定期。都市銀行や地方銀行よりも高い金利がついています。さらに高い金利を求めるなら、円の仕組み預金も利用できます。通常の定期預金とは仕組みが異なりますが、元本部分は保証されます。ただし、仕組み預金は金利が高い代わりに、自分で預入期間を選べず、原則中途解約は不可。満期まで持てば元本保証ですが、中途解約すると大きく元本割れする可能性があるため、余裕資金で行うのが鉄則です。

仕事や旅行で海外に頻繁に行き 、外国為替の動きに敏感であれば、為替手数料が安い外貨預金を利用するのもいいかもしれません。長期で国内外の株式や債券に投資して運用したいのであれば、連携するSBI証券に口座を開けば幅広い投資商品を利用できます。投資のための待機資金も、普通預金よりも金利が高いSBIハイブリッド預金が使えますよ。

(住信SBIネット銀行のオススメ商品・サービス)
賢い人はすでに使っている!?Visaデビット付キャッシュカードなら外貨預金から直接引き落としできて、両替手数料も割安!
(関連記事)
もう1つ持つならネット銀行!使い勝手がいい理由とは?


坂本綾子プロフィール
1級FP技能士、日本FP協会認定CFP、ファイナンシャルプランナー坂本綾子事務所代表。
雑誌のマネー専門記者として20年超にわたり、金融機関、投資家、一般消費者、経済ジャーナリスト、著名FP等を数多く取材。1999年ファイナンシャルプランナー資格取得。
2008年より情報サイト「オールアバウト」マネーガイド。
2010年にFP事務所を設立し、執筆に加えて、家計相談やセミナー講師も行う。著書に『最短距離で貯める!銀行口座メソッド』などがある。