2015年12月22日火曜日

スマート認証が新しくなりました。

本日、スマートフォンを用いたセキュリティサービス「スマート認証」アプリのバージョンアップを実施しました。

スマート認証アプリから当社のインターネットバンキングサービスへのログインを制御することができる「ログインロック」機能の追加をはじめ、セキュリティレベルを向上させる機能を強化しました。
当社のインターネットバンキングを安心してお取引いただける新機能を、是非ご利用ください。



2つの新機能!

1  ログインロック機能  NEW

 あなたのスマートフォンで、インターネットバンキングに鍵が掛けられる!  使いたいときだけアプリで鍵(ロック)を解除!不正ログインをシャットアウトします。

今回のバージョンから、「ログインロック機能」を追加しました。
ログインロック機能は、お手元のスマートフォンで、当社のインターネットバンキングサービスへのログインを制御できる機能です。
普段はインターネットバンキングサービスに鍵(ロック)をかけておき、第三者による不正なログインを防止します。ご自身が使いたいときだけ、お手元のスマートフォンで一時的に鍵(ロック)を解除します。
お客さまご自身のスマートフォン操作で制御できるため、利便性を維持しながら、より高いセキュリティの設定が可能となります。




ログインロック機能を有効にすると、アプリには次の画面が表示されます。この状態になると、PCサイトやスマホサイトなどの当社インターネットサービスへのログインはロックされます。




当社インターネットサービスへログインしたいときは、真ん中のスライダーにある⇒を右にスライドします。



有効時間が画面に表示され、ログインのロックが解除されます。有効時間が0になる前に、当社インターネットバンキングサービスへログインしてください。ログインは、有効時間内に1回だけ可能です。



ログインロック解除の設定時間や、基本機能設定(ON/OFF)は、スマート認証アプリの設定画面で、いつでも変更できます。



2  承認機能の機能強化

 第3認証方法(最終承認)を「スマート認証」に一本化。不正送金をはじめとする身に覚えのない取引を未然に防止します。

スマート認証を登録されているかたは、振込などのお取引時に、「認証番号表」の入力欄が非表示となり、第3認証方法(最終承認)は、お手元のスマートフォンに通知が来て、内容を確認することとなります。 これにより、身に覚えのない取引をお客さまがスマートフォンで承認しない限り、不正送金は未然に防止することができます。



※「認証番号表」は、スマート認証を再登録(機種変更時)する場合などに必要です。廃棄せず、引き続き大切に保管してください。
※スマート認証を登録されていないかたは、引き続き「認証番号表」での最終認証となります。

【重要】スマート認証の解除方法も、セキュリティをレベルアップ

機種変更やアプリをアンインストールされた場合

今回の、「承認機能の強化」に伴い、スマート認証の解除方法が変更となりました。
スマートフォンの機種変更、端末の初期化、アプリのアンインストールや初期化などをされる場合は、スマート認証の登録を一度解除し、再度登録しなおす必要があります。
お客さまの状況によって解除方法が異なりますので、以下のページを参照してください。
スマート認証の解除方法

スマートフォン単体登録について

パソコンをお持ちでないかたでもスマート認証の登録が可能になりました。以下のページより登録方法をご確認ください。
スマート認証のスマートフォン単体での登録


スマート認証