2013年12月3日火曜日

SBIハイブリッド預金残高1兆円突破のお知らせ ~預金総残高も同時に3兆2,000億円を突破~

住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川島克哉、以下「住信SBIネット銀行」という)は、平成25年11月28日にSBIハイブリッド預金の残高が1兆円を突破し、あわせて預金総残高(*1)も3兆2,000億円を突破したことをお知らせいたします。

平成24年9月に特許を取得済のSBIハイブリッド預金(*2)は、SBI証券での現物取引の買付代金や、信用取引における必要証拠金・現引可能額に充当できる画期的な銀行預金です。同預金の残高がSBI証券の買付余力に自動的に反映される利便性の高さが好評で、80万人以上のかたにご利用いただいております。

SBIハイブリッド預金は、平成24年12月に発足した第2次安倍内閣によるいわゆる「アベノミクス」をきっかけとした株式市況の回復を背景に利用者は増えており、また、1口座あたりの預金残高も増加しております。

なお、住信SBIネット銀行では、以下のようなSBI証券との連携サービスをご用意しております。

アグリゲーションサービス
銀行の預金残高とSBI 証券の残高を、住信SBIネット銀行WEBサイトで一覧表示できます。

追加保証金等自動振替サービス
SBI証券での信用取引において追加保証金が必要になった場合に、追加保証金を解消するために必要な金額を、代表口座の円普通預金からSBI 証券口座に自動的に振替可能です。

外貨即時決済サービス
住信SBIネット銀行の外貨預金口座とSBI証券の外貨建口座との間で、インターネット操作で外貨のまま入金・出金が可能です。
SBI 証券で外貨建商品を購入・売却した場合の決済に住信SBIネット銀行の外貨預金が利用できます。

住信SBIネット銀行・SBI 証券の口座開設同時申込サービス
住信SBIネット銀行口座を新規に開設する際、同時にSBI証券の口座開設申込が可能です。

※平成25年11月29日より、NISA口座の同時申込にも対応いたしました。

これからも住信SBIネット銀行は、お客さまに常に使っていただける「あなたのレギュラーバンク」を目指して、更なる利便性の向上と社会の発展に寄与する新しい価値の創造につとめてまいります。

*1平成25年11月28日時点。円普通預金、SBIハイブリッド預金、円定期預金、円仕組預金、外貨普通預金、外貨定期預金、外貨仕組預金の合計。外貨預金については住信SBIネット銀行所定レートによる円換算後。
*2 特許権の概要
登録番号  :特許第5080173号
発明の名称:資金前受制取引専用預金口座運用システム
発明の要約:顧客の預金口座の残高を資金前受制取引の商品買付余力に反映させる資金前受制取引専用預金口座運用システム。