2013年7月26日金曜日

JRA「即PAT」への決済サービス提供開始のお知らせ

住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川島克哉、以下「住信SBIネット銀行」という)は、日本中央競馬会(本部:東京都港区、理事長:土川健之、以下「JRA」という)と提携し、平成25年7月26日(金)より、JRAが提供する勝馬投票券のインターネット投票サービス「即PAT」に決済サービスの提供を開始いたします。

これにより、お客さまは住信SBIネット銀行の口座を使って「即PAT」が利用でき、JRAのインターネット投票を利用する際に住信SBIネット銀行の口座からリアルタイムで投票資金の入出金が行えるようになります。なお、ご利用に際しては競馬開催日にインターネット上で簡単な会員登録を行うだけで即日利用することができ、「即PAT」であれば競馬開催日当日でも入金・出金が可能です。

住信SBIネット銀行では、既にボートレース(提携先:一般財団法人BOAT RACE振興会)、地方競馬、競輪、オートレース(提携先:オッズ・パーク株式会社)におけるインターネット投票の決済提携を行っており、今回のJRAとの提携開始によってますます便利にお使いいただけるようになります。

1.「即PAT」とは

「即PAT」とは、JRAが運営する勝馬投票券のインターネット投票サービスです。インターネット上での手続きにより簡単に会員登録ができ、その日から勝馬投票券が楽しめます。ご利用方法などの詳細は、「JRA」のWEBサイトをご覧ください。

【参考】 http://jra.jp/dento/welcome/soku/

2.ご利用方法

(1)「即PAT」のサイトにて、「住信SBIネット銀行」を利用銀行に指定し、会員登録を行います。
(2)「即PAT」のサイトにログインし、住信SBIネット銀行からの入金指示を実行します。
(3)資金がリアルタイムで「即PAT」の投票用口座に入金され、すぐに投票を行うことができます。
(4)払戻金や余った資金は、精算指示により、リアルタイムで住信SBIネット銀行の口座に戻せます。
※サービスのご利用には、住信SBIネット銀行の代表口座の開設が必要になります。

住信SBIネット銀行は、お客さまに常に使っていただける「あなたのレギュラーバンク」を目指して、更なる利便性の向上と社会の発展に寄与する新しい価値の創造につとめてまいります。